新車販売アプリとは?便利なツールで理想の車を手に入れよう

公開日:2024/02/15

新車販売アプリを使うと、簡単に素早く車の購入ができます。実店舗まで足を運ぶ必要がないので、利便性の高いサービスとして認知されつつあります。中国では利用している人も多いことから、日本でも徐々に普及していくでしょう。そこで当記事では、新車販売アプリについて解説したうえで、メリット・デメリットも合わせて紹介します。

新車販売アプリとは?

販売アプリを利用して、新車購入する人が増えつつあります。仕組みとしては、通販サイトで食材や日用品を買うようなイメージです。わざわざ実店舗に足を運ぶ必要がないので、場所や時間に縛られることなく新車が買えます

車選びから契約、納車まですべてアプリ上で完結するのでスムーズです。ネットでの購入は、アメリカや中国では広く普及しています。カーユーザーからの認知度も高く、ディーラーなどに出向き購入する方が珍しいです

日本では浸透していないサービスですが、将来的にはオンライン上での購入が主流になっていくでしょう。

新車販売アプリのメリット

アプリ内で新車を購入するメリットを4つ紹介していきます。簡単でありながら、安心サポートを受らけれるサービスなので、ぜひ参考にしてください。

オンラインだから簡単

すべてオンライン上で完結するので簡単です。ディーラーまで足を運ぶ必要がないからです。仕事や子育てで忙しいなか、時間をつくってディーラーまで出向く必要はありません

また営業時間の心配も不要です。見積もりや、各種オプション、支払いまですべてオンラインで完結します。

新車の詳細情報がわかりやすい

オンラインで詳細情報を得られるので、オプション価格や本体価格がわかりやすいです。実店舗で購入する場合では、スタッフからヒアリングを受けたうえで、おすすめの車を紹介されます。一方オンライン販売は、サイト内に必要情報を入力するだけで、見積もりシミュレーションしてくれます

簡単で早いのはもちろんですが、まとめて複数ピックアップしてくれるので比較検討できます。10~20枚の画像を使って状態をチェックできるのも魅力的で、外装・内装含め、詳細情報をわかりやすく受けとれます

カスタムの変更がイメージしやすい

カスタムの変更をイメージしやすいです。変更箇所を反映させた状態で、サイト内で確認できます。ボディーカラーや、インテリアカラー、ホイールの変更など、画像を通して確認できます。

販売店でもスタッフとのやり取りの中で要望を伝えますが、時間がかかったり、うまく伝わらなかったりすることがあります。画像ではなく、口頭もしくは、パンフレットを見ながらの確認になることも多いでしょう。サイト内で自由に車をカスタムでき、その都度画像チェックできます。

安心サポート

購入時にサポートを受けられるので安心です。電話やチャットを使って、わからないことがあれば相談できます。販売店での購入同様、100%納得したうえで契約できます。サービス利用は完全無料なので、質問の回数にも制限がありません。

もちろん見積もりや、相談だけでも可能です。購入後に関しても、故障などがあれば迅速に対応します。オンラインとはいえ、充実したサポートがあるので安心して利用できます。

オンライン化のデメリット

メリットについて解説してきましたが、人によってはデメリットと感じる点もあるようです。3つ紹介するので、販売アプリのデメリットも理解しましょう。

中高年層に普及しにくい

中高年層への普及は難しいかもしれません。インターネットを使った購入に馴染みがないからです。20~30代であれば、通販サイトを利用して日用品や、家具・家電などを購入した経験のある人も少なくないでしょう。新しいサービスの対応力もあるので、浸透しやすいです。

一方、40代以上の中高年層は、パソコンやスマートフォンの操作そのものに抵抗を感じる人もいます。インターネット上での購入に苦手意識があるので、普及させるのは難しいでしょう。

「店舗に行って契約するのが当たり前」と思っている人も一定数います。すべての年代に広まるのは、まだまだ先になりそうです。

自動車の状態を確認しにくい

車の細かい状態を確認するのは難しいといえます。画像だけでは限界があるからです。大枠の部分では画像を通して確認できますが、やはり現車確認には劣ります。隅々まで見ていないので、イメージと違う場合も出てくるでしょう

また画像の角度や、明るさによっても微妙に見え方が変わってきます。ネット購入は、隅々まで状態を把握できないのでデメリットといえます。

人件費削減

オンライン販売が主流になると、各店舗の負担が減るので、人件費を削る動きは避けられないでしょう。実店舗に足を運ぶ人も少なくなるので、仕事量が減るのは当然のことです。車の説明や、契約に関する手続きなどの案内が不要になります。

AI技術の進歩や自動化の流れが加速している時代なので、自動車業界も例外ではありません。解雇される従業員が増え、職を失う人が続出するでしょう。

アプリからの購入方法

購入方法は簡単3ステップです。順に解説します。

ステップ1:車の選定

まずは、車選びです。アプリ内で車種やカラー、オプションなどを決めてください。画像を確認しながら、手順にそって選択していきましょう。保証内容や見積もり額に納得したら、契約へと進みます。

ステップ2:契約

次は契約です。書類は販売店から送付されます。必要項目を記載後、車庫証明や印鑑証明などと合わせて郵送してください。支払いはネット上もしくは、銀行振込みのどちらかになります。

ステップ3:納車

最後は納車です。必要書類や支払いに不備がなければ納車になります。自宅などの指定された場所での受け渡しか、販売店での受け取りになります。これで、アプリでの購入が完了です。

まとめ

本記事では、新車販売アプリについて解説したうえで、メリット・デメリットも合わせて紹介してきました。実店舗に足を運ぶことなく、場所や時間に縛られず購入できます。中国ではこのサービスを利用しているユーザーも多く、アメリカでも普及が進んでいます。一定のデメリットもありますが、将来的には日本でも当たり前になっていくことでしょう。安心してご利用できるサービスなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【北九州市】おすすめの新車販売業者ランキング比較表

イメージ




サービス名御車のことならドライブランド新車市場軽カフェネクステージフラット7小倉南
特徴安くお得に新車を手に入れたい方のために最短3日で納車が可能な車の卸業者。買取・販売・修理・塗装・鈑金をすべて自社内で行っている日本1位の買取店。車の購入・レンタル・メンテナンスを高品質と低価格で提供している販売業者顧客ファーストのサポート・点検が充実!低価格で良質な中古車販売で人気追加料金を気にせず毎月決まった金額で新車に乗れるリース店
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら